建学の精神



建学の精神
専門的な知識と技術を習得し、人に愛される人格形成ができること。

1967年(昭和42)に奈良側より生駒山を眺めることのできる美しい田原の里に「阪奈サナトリウム」を開設、1978年(昭和53)には、生駒市内に「阪奈中央病院」を開設しました。病院にとって、またこれからの社会にとって看護師・理学療法士・作業療法士の育成は重要な責務であると考え、「栗岡学園」は病院周辺地に看護学校・リハビリテーション専門学校を開設するに至りました。卒業した多くの看護師・理学療法士・作業療法士はそれぞれの医療機関で活躍をしてくれています。

教育施設の充実が"教育"にとって大切なのは当然のことです。しかしそれだけで優れた医療従事者は育ちません。専門的な知識と技術を習得し、人に愛される人格形成ができること。これこそが「栗岡学園」の建学の精神なのです。

そのためには、教員の質を絶えず向上させ、学生の教育内容の充実と向上に努めていかねばなりません。「栗岡学園」の教職員全員が一丸となり、学生の教育のために全力投球してくれています。

42年前、田原の里にやってきた時、生駒山を眺めることのできる美しい風光明媚な最高の自然環境の中に医療機関をつくることは、どんなに素晴らしいことかと思いました。その後、都市開発と共に交通事情も大幅に改善されました。「栗岡学園」のそれぞれの学舎と関連グループの医療施設は、"学び"のための最高の環境の中にあります。

今後とも「栗岡学園」は社会的ニーズに応え得る立派な卒業生を送り出すことにより、社会貢献に尽くしてまいります。より多くの方々のご支援・ご協力を頂きたく思っております。

学校法人栗岡学園 理事長