学生の声


高等学校衛生看護科や准看護師養成校の新卒者、
病院で経験を積んできた人、子育てお母さん。
年齢も経験もさまざまな仲間との出会い!学校生活の醍醐味です。

日々学んでいることを勤務先で関連付けながら実践できる...とても大きな喜びです。

M.Iさん (2008年4月入学)看護学科1年生

准看護師資格取得後、准看護師として2年間勤務。
本校に入学するために仙台から大阪へ。


Q 看護師を目指すきっかけは?  
A

私の母や姉が看護師です。懸命に働く姿を見て、幼いながらも人として尊敬していました。それがきっかけです。




Q 学校生活はどうですか?  
A

学ぶことは、看護の基本から応用、細部にわたるまでとても多いです。毎日の学びが自分自身の成長につながっていると実感できるので、とても楽しいです。また、私は病院で働きながら学んでいます。日々学んでいることを勤務先で関連付けながら実践できることは、とても貴重な経験です。これからも仲間と高め合いながら実習・国家試験を乗り越えていきたいです。




Q働きながら学んでいるあなたがしている勉強時間確保のための工夫は?  
A

なるべく授業中に分からないことを解決する。職場では、卒業生の先輩が多くアドバイスが的確なので何でも相談できます。また休憩時間を有効に使えるようにも工夫しています。




Qこれから看護師を目指す後輩たちへのメッセージをお願いします。  
A

私自身、看護の奥深さに日々模索中ですが、第一に患者様のことを考えられる思いやりにあふれた看護師を目指したいと思っています。一緒に目指しましょう。